よさこい踊りのルール

よさこい祭りにはルールがあり、そのルールで全国大会が行われています。

具体的なルール

・1チームにつき人数は150人まで

・使用する曲のアレンジは自由だが、よさこい鳴子踊りのメロディーをいれなければいけない

・鳴子を持ちながら前進するような振付にする

・地方車※は1チームにつき1台まで

以上のようなルールが定められています。

※地方車(じがたしゃ)とは、前進しながら踊るチームを先導する車のことで、曲を流すのもこの地方車から。車に乗っている人は声出し役として曲を歌う役割をになっています。

また地方限定のルールなども存在し、北海道で行われる「YOSAKOI」では、「演舞に使用する曲にはソーラン節のフレーズを入れること」など、その地域ならではのルールがあるため、全国のよさこいを見て回るのも楽しそうですね。